妊娠線:肉割れ 消す方法

妊娠線の原因 肉割れ原因

 

妊娠することで、お腹の急激な成長についていけず、肌に亀裂が入ったような線が出来てしまう。
これが妊娠線の原因です。 妊娠中は血液の循環が悪くなりがちです。身体に不純物が溜まりやすくなります。すると、亀裂が入った肌の再生力が衰えてしまい、妊娠線が残ってしまいます。

 

妊娠線と肉割れ原因はいっしょ

 

“妊娠線・肉割れ”の悩みは、他の人には、相談しにくく、決定的な解決策がないと言われています。

 

また「妊娠線」と「肉割れ」は症状が異なるため、多くの方が別の悩みだと思われています。

 

ところが“妊娠線・肉割れ”の原因は一緒なのです。
“妊娠線・肉割れ”ともに、急激な皮膚の伸長(皮膚が伸びてしまうこと)に耐えられなくなったことが原因なのです。

 

そもそも皮膚は3つの層からできています。

 

一番外側にあるのが、「表皮」、次が「真皮」、そして一番内側に位置するのが「皮下組織」です。
表皮は繊維が柔らかいですが、それに比べて、真皮、皮下組織は柔軟性がありません。

 

その為、真皮や皮下組織が急激な伸びに耐えられなくなり裂けてしまい、線や筋が現れるのです。 赤紫色の線が現われるのは、皮膚の下にある毛細血管が透けて見えるのです。

 

肉割れ 消す方法

 
自宅でクリームを塗る

 

妊娠線や肉割れは、“乾燥が原因”と思い、保湿クリームやオイルなどを塗っても、ほぼ改善されるとはありません。

 

専用のクリームを塗ることで解消されます。

 

クリニックでレーザー治療をする

 

クリニックなどで妊娠線・肉割れをレーザーを使って治療するクリニックもあるようです。

 

エクササイズで肌を引き締める

 

「エクササイズをすることで、肌を引き締しめて妊娠線・肉割れを無くそうとしたけど、全く変わらなかった」

 

と嘆かれる方も多くいらっしゃいますが効果がないわけではありません。地道に引き締める事は大切です。

 

産後の妊娠線を消す方法はご理解いただけましたか?産後妊娠線ケアは妊娠線を消すには重要なんです!!